2015年4月15日水曜日

新歓企画の花見(OIC・元茨木川緑地)に行ってきました!

写真1 おおさかいばらきキャンパス(OIC)A棟およびOICとボーダレスの岩倉公園

4月12日(日)に、毎年の嘉例の如く、新歓企画として花見に行って参りました。
 とは言いましても、昨年までは滋賀県草津市は草津川に花見に行っていたのですが、草津川が顕著な天井川(そのため新しい河道がつくられ、JR東海道線が河床の下を隧道でくぐる旧河道は廃川になっております)という地形的特徴のみで選ばれていたため、今年は別の処に花見に行こうか、という案が出たのであります。そこで、今春開校と相成りましたわれらが立命館の新キャンパス、おおさかいばらきキャンパス が付近にございます茨木川もまた、天井川のため廃川となった旧河道を桜並木ある緑地としたことに行き着いて、今回は新キャンパス巡検と花見を兼ねた企画となりました。
 ルートとしては、
阪急南茨木駅→OIC→イオン茨木(買い出し)→元茨木川緑地→阪急茨木市駅
となります。
 11時に阪急西院駅集合ということでしたが、何を思ったか筆者は10時集合と勘違いして、10時前に慌てて西院駅に行ってしまい、駅前のマクドで時間つぶしをしておりました。これも、幾度の遅刻を繰り返した筆者に報いが及んだのだと思い、おとなしく皆様の到着を待ちました。
 今回花見に来てくれた新入生は、すでに入会を決めてくれている彼1人のみで、私どもが昨年花見に参った際の4人とは比べるとさびしい印象こそ受けますが、何はともあれ花見に出発です。
 西院駅の地下プラットホームに滑り込んだ準急電車は最新鋭の1300系、中速域からの滑るような加速が持ち味で、上牧と高槻市の間あたりから本領発揮していたような気がします。
 大阪モノレールとの乗換駅である南茨木駅で降りますと、中央環状線(大阪府道2号線)・近畿自動車道・大阪モノレールに沿ってOIC・JR東海道線方向へと歩きます。途中、「ビジネスホテル」との主張もむなしい「休憩料金のあるホテル」が南茨木駅からOICまでの「通学路」にあって度肝を抜かれましたが、後から越してきたOICよりこちらのホテルに分はあるでしょう。
 10分ほどでしょうか歩きますと、OICに到着です。
写真2岩倉公園 ご案内  一体化した敷地がわかる 避難地としての設備の充実?
写真1・2をご覧のとおり、OICと茨木市が整備しました岩倉公園はほぼほぼボーダレスになっていまして、地面に置かれた「これより先は立命館大学の敷地です」から続く注意文もどれほど実効性を持つかははなはだ疑問があります。
 
写真3 「これより先は立命館大学の敷地です」
写真4 スタバもあるよ
 
写真5 A棟の案内
 OICはA棟とB棟、2つの学舎からなり、B棟は「立命館いばらきフューチャープラザ」と称して、大ホール、OIClibrary、茨木市商工会議所、スタバなど大学施設と地域の連携を狙ったような学舎になっています。A棟は政策科学部、経営学部、将来の総合心理学部、セブンイレブンが入る 学舎です。
 我々衣笠に残る学生ら、最大の関心事は「どれだけOICに図書を持っていかれたか」ということです。 にわかに「こんな本まで持っていかれた」と学生内で不評が立っておりますが、少なくとも地理関係の書物に関しては調査をしました。
写真6 きれいな図書館 まだ書架はスカスカ

写真7 地理学関係図書のある書架 「え?こんな本まで?」
 とりあえず複数所蔵する図書から選んでみたのでしょうか、明らかに不作為抽出をしたような、少なくとも地理学には明るくない人間が選んだようなラインナップに一同苦笑の限りでありました。
 地理学における文献渉猟のバイブル、地理学文献目録の、第7集(1977年~1981年)だけOICに持っていって何の役に立つのか私には正直理解できません。
 綺麗なキャンパスの中で、綺麗でない立命館の実情が良くも悪くも垣間見える感がありました。
 「新築やん、スタバがあるでウェーイ」と浮かれているそこのOIC生のアナタ、すごくアホっぽく見えますよ。
写真8 元茨木川緑地の桜並木 様々な品種があって面白い
 写真9 新庄ガード下(かつての茨木川を渡る橋梁)
写真10 茨木市役所と茨木童子(鬼)の像
 OICを後にして、線路を挟んだ向かい側の茨木イオンで買い出しを行い、一路来た道を戻って阪急よりも南東方の元茨木川緑地へ参りました。
 元茨木川緑地は、ソメイヨシノだけではなく、御衣黄や欝金といった珍しい品種まで様々な品種が植えてあり、ソメイヨシノが散った後も比較的長く花見を楽しめる名所であります。
 歩いた限りでは、緑地と、緑地に沿うバス通りの二車線道路がどうもかつて茨木川だったようです。緑地・道路のあたりが周辺より小高く、交差点から見ると、東西両側の道路が下り坂になっており、周辺の標高が低くなっているのがわかりました。
 阪急京都線の新庄ガード下をくぐり、茨木市役所と茨木神社の向かい合う交差点まで元茨木川緑地を北上し、阪急茨木市駅に着きました。
 写真11 阪急茨木市駅西口 阪急・近鉄・京阪の三社がバスを乗り入れる
写真12 阪急茨木市駅河原町方ホーム
 茨木市駅周辺は、わりとよくある大都市近郊の主要駅の駅前といった感じの雰囲気で、個人的には地元に程近い福岡の西鉄大橋駅や西鉄久留米駅の駅前を彷彿とさせました。夕方16時頃には解散となり、筆者はバイト用の革靴で一日歩き回って足の裏にできたマメを痛がりつつ、夕方のバイトへと直行しました。
 今後は、草津と茨木を隔年で花見に行くのが良いのではないでしょうか。
 以上で今年の新歓花見の報告といたします。長文失礼いたしました。
文責:平成27年度会計 曽和

2015年3月30日月曜日

新入生歓迎に関するご案内


姿ゆかしい衣笠山。
衣笠キャンパスの桜が開花し、いい季節になりました。
新入生のみなさんの地元はいかがでしょうか?

普段の例会は学生会館BOX303で毎週水曜18:00~行っております。

地理学研究会では今年も新入生歓迎活動を行います!
地理を勉強しに大学に来たんだ!という人はもちろんのこと、地図に興味がある、旅行が好きだ、都市が好きだ、村落が好きだなど、様々な地理的現象に興味がある新入生を募集しています!

●ブース設置期間
4月3日(金)、4月4日(土)、4月6日(月)

●ブース設置場所
存心館前北側(学生会館側)

当日、地理研に関する質問などにお答えいたします。


◆新歓企画一覧

◎4月12日(日) お花見 @茨木川 ←天井川の廃川です!
 11:00 阪急西院駅集合


◎4月26日(日) 新歓巡検(巡検≒フィールドワーク) @嵯峨野~嵐山
 10:40 立命館大学正門(北門)前集合
  ※当日は歩きやすい靴、服装でお願いします。


◎4月30日(木) 新歓講演会 @清542
18:30~19:30 講師:平安女学院大学国際観光学部 准教授 井上学 

井上先生の簡単なご紹介
■専門分野
主な研究テーマ ・交通地理学、交通観光学 ・まちづくりにおける公共交通の役割 ・観光行動における公共交通の利用 ・バスマップの作成
■略 歴 
1972年 島根県松江市生まれ 
1996年 立命館大学文学部地理学科卒業 
2007年 立命館大学大学院文学研究科博士 後期課程地理学専攻修了 (文学博士) 
2008年 平安女学院大学国際観光学部国際観光学科講師、2012年より現職。 
■主な活動 
2012年~2013年 京都市交通局市バス路線・ダイヤ検討 委員会委員 
2013年 京都市交通局市バスの「わかりやすさ 向上」 のためのデザイン検討業務選定 委員会委員 
2013年~2014年 宇治市公共交通活性化委員会委員 
2014年 高槻市公営企業審議会委員 など

このほか様々な企画を行っておりますので是非地理研にお越しください!


文責:部長 江原






本年度設置看板・ビラ



2015年3月16日月曜日

3月14日4回生追い出しコンパを行いました


さる3月14日(土)祇園円山かがり火にて4回生の薮先輩の追い出しコンパを行いました。
薮先輩お疲れ様でした。

当日お集まりいただいた先生・OB方々、先輩を追い出すにあたってのお言葉等々ありがとうございました。部員一同感謝申し上げます。


さて、近況報告ですがコンターの編集も峠を越えいよいよ発注というところまで来ております。
また、来年度の調査地は南河内に決定しました。
2014年度はこれでいったん一区切りですが、2015年度の地理研もよろしくお願いいたします。


新歓活動などに関してはまた後日、報告します。


文責:部長 江原

2015年1月23日金曜日

部員募集中!

どうもこんにちは。立命館では定期試験中ですね。
新たに部長になりました、地理学専攻2回生の江原です。

地理学研究会では次年度の部員募集をしております。

文学部地域研究学域では正課の授業で巡検をするように言われますが、先生はあまり細かく教えてくれません。巡検で研究対象地に行ってみたものの何を見ればいいのかわからない・・・。なんてことも起きるのではないでしょうか?
もちろん聞き取り調査についても同じです。
実際にやってみると、アポ取りから聞き取り、お礼までわからないことも多いですし、ストレスになると思います。
アンケート調査もなかなか作るとなると難しいものです。集計してから「この項目入れとけばよかった・・・。」なんてこともよく起こります。

さて、地理学に欠かせないものと言えば、地図です。
かつては製図ペンとトレーシングペーパーで手書きするものだったので、かなりの技術(もはや職人レベル)が求められましたが、現在ではコンピュータで描けてしまいます。経験談ですが、手書きだと5時間かかるものが、GIS(地理情報システム)ソフトを使えば15秒で描けてしまいます。
でもコンピュータが使えなかったら地図が全く描けない世の中でもあるんですね。
近年話題になっているビックデータなどの統計情報の処理が重要になってきていて、これができないと地図は描けません。
地理学研究会ではそんなこともやっています。

これらのような地理学に必要な技術の習得は一朝一夕でできるものではありません。もちろん地理学専攻に進学すればある程度はサポートしてくれますが、それでも十分とは言えません。
地理学研究会に入部すれば、これらのことができます。卒業論文や就職後でもきっと役立つことでしょう。

皆さんの入部をお待ちしています。


在学生の方ももちろん募集していますので、入部希望の方はGmailアドレスまで連絡おねがいします。


2014年12月22日月曜日

2014年度後期総会




こんにちは。今年度外務の知念です。
先日行われた後期総会について報告します。

総会では、部長・副部長・会計・内務・学術・外務による今年度総括や、来年度役員人事の承認等が行われました。

ここから新体制がスタートということで気持ちを新たにしつつ、まずは今年度のコンター発行に向けて各自努力していく所存です。

文責:2回生 知念

2014年12月15日月曜日

敦賀市に追加調査に行ってきました

昨日、12月14日に村落班では敦賀市へ追加調査に行ってきました。

出発時、京都市内は快晴でしたが八日市あたりから雲行きが怪しくなり、米原からは降雪がありました。
北陸道は木ノ本ICからチェーン規制がありましたので木ノ本ICで降りチェーンを巻いての走行でした。




敦賀市内での積雪は10㎝程度、幹線道路は除雪が行き届いておりあまりありませんでしたが、全ての道路においての除雪作業は雪国の厳しさを実感しました。

敦賀半島では積雪は少ないものの、雪は雨、霰、霙などに変わり、時折雷が鳴り響き、海沿い独特の天気の変わり方が激しい状況でした。






今回は本調査でできなかった分の敦賀市白木区での聞き取り調査でした。
おかげさまで全戸に対して聞き取り調査を実施することが出来ました。

Blogの中ではありますが、白木区の皆様、調査にご協力いただきありがとうございました。

文責:会計 江原



2014年11月9日日曜日

2014年度文化祭の報告

今年の文化祭も地理学研究会は展示会を開催しました。
例年よりもポスターの枚数も多く(特に地誌は今年2段重ねになったり)、ボリュームの増した展示会になりました。
8日と9日の2日間で延べ165名の方に来場いただき、また9日には例年通り関地連の方々前でプレゼンテーションをおこなうなど、無事終えることができたのではないでしょうか?
今後はコンター発行に向けて研究を進めていくこととなると思いますので、暖かく見守っていてください

中村